なぜ誹謗中傷は起こるのか?相手の心理を教えます

顔が見えない・匿名である事により本性が出る

様々な価値観を持つ人が同じ環境下で生活する場合、大なり小なり意見の対立があります。意見交換や議論であれば意味もありますが、相手の悪口や人格否定など、誹謗中傷によって得られるポジティブな情報は何もないでしょう。会社や学校などの身分が明確な環境では、誹謗中傷することにより社会的地位が揺らぐ可能性があります。しかし、ネットであれば相手も自分も顔が見えず、表面上は匿名であるために、妬みや恨みなどの本性が発揮されてしまいます。

ストレス発散のための誹謗中傷

会社や学校、あるいは家事などで受けたストレスを発散するために、他人や特定団体を誹謗中傷するケースもあります。誹謗中傷を受けている側に落ち度があってもなくても、攻撃する側はただストレス発散ができれば何でもよいので、論理や理屈などを全て無視して誹謗中傷に走ります。相手にとっての仲間(誹謗中傷に加担する人)が多ければ多いほど攻撃を受けている人はダメージを受けやすいので、人目に触れる場所に情報を書き込んだり拡散したりする事も多いです。

暇つぶし・趣味としての誹謗中傷

ネットでは「炎上」と言われる状態になってしまう場合、必ずと言っていいほど誹謗中傷がセットになってきます。不適切な投稿をしてしまった場合、それに対する批判などが出てくるのは必然ですが、投稿した内容に加えて個人への誹謗中傷に発展するケースも少なくないです。不適切な投稿に対する謝罪などをしてもいつまでも炎上し続ける理由としては、趣味や暇つぶしで「遊び」として炎上させている人が一定数いるからです。一般的には気にならないような投稿でも、粗探しを行い、時には話を誇張させて炎上しやすい状況を作り出す人も存在します。

検索サイトで語句を入力した際、追加入力される可能性の高い言葉が表示されます。自社サイトへのアクセスを高めるために、追加される言葉に方向性を持たせることが、サジェスト対策です。