何気ない事でも誹謗中傷の対象になりかねない!

まずは自分の個人情報を確認

最近ではSNSが主流になってきており、ほとんどの人がSNSに登録している事でしょう。気軽に個人情報や写真を載せることができるため、誹謗中傷する際の材料になりかねません。また誰もが見られるページになっている場合はいつ誹謗中傷のターゲットにされるかもわからないので、まずはSNS等に登録している場合はきちんと個人情報やプライバシー設定について今一度確認してみることが大切です。誰でも見れるようになっている場合は速やかに特定の人にしか見せられないように鍵をつけるのも1つの対策です。

いつの間にか自分の写真が!

友達のSNSを覗いたときに何気なく自分の写真などが載っていた時はありませんか。自分がどんなに一生懸命プライバシーを守るための設定をしていても周りの友人が何気なく載せた写真に自分が写っていた場合はあまり意味がありません。特にお子さんにおいては来ている服装や写っている景色でどこに住んでいるかまで個人情報がばれてしまう場合があります。誹謗中傷は無意味に相手を攻撃するタイプがいるのと、特定の相手に対して攻撃するタイプがいるのでなるべく個人情報漏らさないことも大切です。

万が一個人情報が載っていた場合は削除する

自分の写真があっという間にネット上に広がっていると思うと恐ろしいですよね。そうなる前に万が一自分の写真を見つけてしまった場合は、自らSNSを管理している会社に連絡を入れて写真を消してもらうなどといったことを行ったり、友人が勝手に写真を載せている場合は一言話して写真を消してもらうなどといったことをすることが大切です。見知らぬ誰かから攻撃を受ける危険は誰にでもあり得るので未然に防げる対策ができるのであればしっかりとしておくことが大切です。

近年ではインターネット上での炎上は珍しくありません。誹謗中傷対策をすることで、炎上を未然に防ぐ事ができます。