デザイン性に富んだホームページを作るための3要素

カラーリングにこだわる

ホームページが無色であれば何の面白みもなく、シンプル過ぎるため、デザイン性を感じさせません。だから、まずはホームページのテーマカラーを決定すると良いでしょう。あらゆる箇所にカラーリングを施し、オリジナル溢れるものにすると良いです。これによってデザイン性を表現することができ、他にはないホームページを簡単に作ることができます。注意として、何色も使い、カラフルなものにはせず、1か2色程度が効果的になります。

文章の表現方法を変える

ホームページのメインである文章の見せ方、表現方法を少し変えるだけで簡単にデザイン性のあるものに仕立てることができます。ポイントは、読者にとって見やすい形にすることです。長文であれば、空行や改行を数行入れ、ブロック分けすると良いでしょう。これによって長文を読むストレスを解消することができ、良い印象も与えることができます。さらに、文字効果を組み込むことで、よりデザイン性を感じさせる文章となります。例えば、書体を変える、太さを変える、サイズを変えるだけでもデザイン性を感じさせるものになるでしょう。

関係のある画像を使ってみる

ホームページが文章だけでは堅苦しいイメージとなってしまうため、堅いデザインとなってしまうでしょう。そこで、内容に関係のある画像を数枚挿入し、遊び心を表現すると良いです。この画像はインターネット上にあるものではなく、自分で写真を撮り、それを利用することがオススメになります。写真を撮る際、写し方や角度、鮮度、焦点などを変更しつつ、最高の1枚を生み出すと、簡単にデザイン性のあるホームページを作り上げることができます。

レスポンシブデザインはWebデザインの手法です。外観や操作方法を最適化する事を示します。このデザインを重視せず、モバイル機器にやさしくないサイトは今後、検索の面で不利になるとされています。